/* ]]> */, スケールとは、音階を表します。これは、「曲のキー(key)」から階段上に音を積み上げたもの, キー(key)さえあっていれば不協和音を鳴らさずにフレーズやアドリブやソロを弾くことができます。, マイナー・ペンタトニックは、ナチュラル・マイナー・スケールから第2音目と第6音目を抜いたもの, 使い方は、キー(key)があっていれば、ペンタトニックスケール内で自由に演奏できる. [CDATA[ */ なおスケールは Wikiでも無料で勉強できます。 ちょっと見づらいですけどね。 ベース中級者向けのスケール. [第1話までのあらすじ]突然、姉の代わりにバンド練習でベースを弾いてくれと頼まれた主人公。コード進行に合わせてベースラインを作るため、急いで「ルート音」について学習した。そして、ついにバンド練習当日を迎えたが…!? var wpcf7 = {"apiSettings":{"root":"https:\/\/bassist-bar.com\/wp-json\/contact-form-7\/v1","namespace":"contact-form-7\/v1"}}; 弦楽器の特性上、同じスケールでも様々な運指でのアプローチが可能となっています。 これが正解というのは一概に言えるものではありませんが、2オクターブ以上のレンジの広いものになると効率の良さが重要になっていきますのでそういったものを紹介していきたいと思います。 ルート よくある、スケールを使ったベースの「基礎練習」を特集していきます。 ※ここで解説するのは、あくまで基礎練習です。 まずはスケールの位置を頭に叩き込んで体に覚え込ませるためのトレーニングとして有効ですが、 「これを繰り返してるだけで、自動的にかっこいいソロが弾ける! 続いて、先程のスケールに7thの音を足したスケールを練習していきます元々ブルースでは7thの進行が主で、マイナー・ブルース・スケールの♭7の音をよく見ると7thの音であることがわかります インターバルは1度から8度(オクターブ)、9度、10度など、ギターで弾けるものならどれでも練習になります。ここではCメジャースケールのポジション2を例に、各音をターゲットノートにして1度から7度を使って装飾していきましょう。(音源のテンポは全てBPM=100にしています) Cメジャースケールの2ndポジション ピッキングと運指はあくまで参考例なので、弾きやすい方法を探してみてください。 1度のスケール練習 2度の上昇スケール練習 2度の下降スケール練習 3度の上昇スケール練習 3度の下降 … 実際のスケール練習 ※あとで図を載せます。 cメジャースケールを4弦1フレットから、3,5,7,8,10,12フレットでそれぞれ1ボックス上り下りするやつ eマイナースケールを同様に。 リズムを変えてみる。 ベースに限らず、色んな楽器のアドリブをベースに置き換えて練習 … ナチュラル・マイナー・スケール(自然的短音階)の構成音は、音程だと「T,M2,m3,P4,P5,m6,m7」。 階名だと「ド,レ,ミ♭,ファ,ソ,ラ♭,シ♭」です。 単に”マイナー・スケール”と耳にした場合も、このスケールのことだと思って構いません。 ベースのペンタトニックスケールの練習方法 練習方法は、上記で説明してきたペンタトニックの形をひたすら弾くことで体に染みついていきます。 しかし、メジャーとマイナーがあり混乱してしまいますね。 次は、マイナー系のスケールです。 メジャースケールの3rd音が半音(1フレット)下がっただけですね。 これならば憶えるのも簡単だと思います。 これも、マイナー系のスケール上で自由に使うことができます。 このスケールを使って、 ※ここで解説するのは、あくまで基礎練習です。 まずはスケールの位置を頭に叩き込んで体に覚え込ませるためのトレーニングとして有効ですが、 「これを繰り返してるだけで、自動的にかっこいいソロが弾ける!」・・とは限りませんのでご了承下さい。, 今回のトレーニングで扱う「Cメジャースケール」の1つのポジションです。 (他にも、同じCメジャースケールを弾くためにいくつかのポジションがあります。ここではその中の1つのポジションです), いわゆる普通にスケールを1つずつ弾きながら下から駆け上がっていき、上まで行ったら今度は下りてくるという練習です。 弦を下から順にピッキングする練習には有効ですが、スケールの地図をこれだと覚えにくいのが難点ですね。, これが結構楽しい練習です。なんか「弾いてる!」という実感がわきます。「タタタ/タタタ/タタタ・・・」と、3つずつの音の塊でスケールの音を弾いていく練習方法です。, ↑まずは図の「1」「2」「3」と書いてあるフレットを順番に弾きます。(このポジションにおいて、一番左下から始めるということです。), ↑次に、図の「1」「2」「3」を弾きます。(さっきより2歩戻って、一番左下から2番目の音からスタートするということです。), それを繰り返して、3つずつスケールの音を駆け上がっていくというのがこの練習方法です。, これが「練習2」の応用です。4歩進んで、3歩戻りながら、スケールの音を駆け上がっていきます。, 「練習2」の、「3歩進んで2歩戻る」という練習方法をどんどん応用して、もっと長いスケール練習をすることも可能です。, 頭が完全にこんがらがってくるので(笑)、ひとまず「練習3」くらいまでで良いのではないかと思います。, また、最初の方で言いましたが、今回、練習したポジションは、数あるメジャースケールのポジションの中の1つのポジションです。, メジャースケールが弾けるポジションは、他にもいくつかあるので それも同じような練習方法で練習をしてみると良いかもしれません。, (※ちなみに僕自身は、マイナーペンタばっかり練習している野郎なので メジャースケールについてはそんなに網羅的に練習していません。(苦笑)最低限やってきたエクサイズはここまです。), 今回は「Cメジャーキー」におけるスケールを練習しましたが、他にも例えば「Aメジャーキーだったらどう弾けば良いのか?」ということを考えて同じように基礎練習をしてみると良いです。, キーがAになってくると、一般的には4弦の5フレット音を「A」としてスケール練習を始めることになるはずです。すると、(ポジション的に)今回やった練習とはまた違ったポジションになってくるので、別途練習は必要となります。, メジャースケール編でやったようなトレーニングを、同じようにマイナースケールでも行っていきます。, ベースのかっこいいフレーズをTAB譜つきでわかりやすく解説。スラップの練習方法をネットで学べる!3000人以上が受講したベース講座淳ちゃんねるの公式サイトです。, 10日間で初心者からていねいにスラップベースを学べる、無料メール&ビデオ講座はこちら. このことを知ることによって、ベーシストとしてステップアップすること間違い無いです。, ペンタトニックスケールは、様々なスケールがある中で、最もシンプルで使いやすいものです。これを使いこなせれば、指板上を自由に動くことができます。, まず、スケールの前提知識について解説します。スケールとは、音階を表します。これは、「曲のキー(key)」から階段上に音を積み上げたものです。, 例えば、有名なドレミファソラシは、C(ド)がキー(key)のスケール(=音階)であり、「C・メジャー・スケール」と言われます。これは、以下の図の仕組みになります。, ここで重要な点は、音と音の距離(=インターバル)です。「全→全→半→全→全→全→半」というのは、全音と半音の並びになります。この積み重ねかたがメジャースケールと呼ばれるものです。, 次に、ナチュラル・マイナー・スケールと呼ばれるものがあります。わかりやすい例として、A(ラ)から始まる、ラシドレミファソは、「A・ナチュラル・マイナー・スケール」と言われます。以下の図のようになります。, これは、先ほどのメジャースケールとは違い、全→半→全→全→半→全→全という、音の距離(=インターバル)になります。これは、暗い印象のスケールになります。, ここまで、解説したのは、どちらも7つの音で成り立っているものです。しかし、ペンタトニックスケールは、ここから2つの音を減らしたスケールになります。つまり、5つの音階になります。, これは、半音の隣り合う音階を抜くので、不安定さがなくなります。そのため、わかりやすい印象的なフレーズやソロ・アレンジを作ることができます。, このように、ペンタトニックスケールとは、5つの音で成り立っているスケール(=音階)です。, ペンタトニックスケールは、メジャーとマイナーの2種類があります。ここからそれぞれ解説していきます。, メジャー・ペンタトニックとは、メジャースケールから第4音目と第7音目を抜いたものです。, 例えば、C・メジャー・スケールの場合では、「ドレミファソラシ」というスケールですね。ここから、第4音目と第7音目を抜くと「ドレミソラ」になります。つまり、第4音目の「ファ」と、第7音目の「シ」を抜くことになります。, これは、D(レ)・E(ミ)・F(ファ)・G(ソ)・A(ラ)・B(シ)のメジャースケールでも、同じです。, このように、メジャースケールから第4音目と第7音目を抜いた、「ヨナ抜き」と呼ばれるものが、メジャー・ペンタトニック・スケールになります。, マイナー・ペンタトニックは、ナチュラル・マイナー・スケールから第2音目と第6音目を抜いたものです。, 例えば、A・ナチュラル・マイナー・スケールの場合では、「ラシドレミファソ」というスケールです。ここから第2音目と第6音目を抜くと「ラドレミソ」になります。つまり、第2音目の「シ」と、第6音目は「ファ」を抜くことになります。, これも、C(ド)・D(レ)・E(ミ)・F(ファ)・G(ソ)・B(シ)のナチュラル・マイナー・スケールでも一緒です。, このように、ナチュラル・マイナー・スケールから第2音目と第6音目を抜いた、「ニロク抜き」と呼ばれるものが、マイナーペンタトニックスケールと言います。, ペンタトニックスケールの覚え方は、いくつかの形を覚えて体に染み込ませましょう。ここからメジャー・マイナーのペンタトニックの種類の覚え方を解説していきます。, 1種類目は、キー(key)を基準に左側で動く場合の形です。2種類目は、右側で動く場合の形です。このようにブロックにして覚えると頭に入りやすいです。, そしてこれは、キー(key)が変わっても、4弦から始まるのならば、この形になります。, 3弦のA(ラ)は、開放弦と12フレットになります。ここからの形は、以下の図になります。, ペンタトニックスケールはコード進行を気にせず、キー(key)さえあっていれば不協和音を鳴らさずにフレーズやアドリブやソロを弾くことができます。, なぜなら、半音を構成する「隣接音」を抜くことで、あらゆるコード進行において自由な演奏ができるようになります。これによって、スッキリとした音階になり、不安定さがなくなるということです。, 実際に、キー(key)がわかる曲で、適当に演奏してみることで実感できます。転調がない曲なら、違和感なく自由に演奏できます。転調とは、曲の途中で、キー(key)が変わることです。, 初心者にはハードルが高いソロやアドリブも、ペンタトニックを駆使することで、比較的自由に演奏ができます。, このように、ペンタトニックスケールはコード進行を気にせず、キー(key)さえあっていれば、アドリブやソロを弾くことができます。, 練習方法は、上記で説明してきたペンタトニックの形をひたすら弾くことで体に染みついていきます。, 「1日1個のポジションを覚える」と言ったような感じで、体に擦り込むようにやってみてください。そして、なんの曲でもいいので、実践して確かめてみる。, また、バンドメンバーとキー(key)を決めて、セッションしてみるのは非常に楽しいと思います。, 私は、スタジオでメンバーと適当に合わせる時間は、非常に楽しいひと時でした。この際に、ギタリストに簡単なコード進行を弾いてもらって、ベースでソロをしたり、その逆をしたりしました。, ここまで、ペンタトニックスケールについて解説してきました。まとめると以下の通りです。, 覚えて実践していくのは、もちろん時間がかかります。しかし、ベーシストとしての幅が格段に上がること間違い無いです。, Copyright © 2020 初心者のためのエレキベースの知識 All rights Reserved. 次の4つは上の2つがしっかり使えるようになったかただけで大丈夫です。 まずはしっかり教会旋法とマイナースケールをおさえましょう。 次に、マイナースケール ... ベースの指弾きを毎日練習しているけど、指が速く動かないからテンポが速い曲だと指が追い付かない…どうやったら指が速く動くようになるの? 本記事は、都内でベース奏者、指導者として活動する星野徹(@jazzbassisttoru)が ハーモニックマイナースケールをベースでプレイするうえでの解説記事となりまます。 教則本とかで、ハーモニックマイナーとかメロディックマイナーという言葉を耳にしたことあるかもしれないんですけど、 最近のレッスンで、ようやくジャズのアドリヴについて、コード進行の謎が解けてきた。それはそれでいいだけど、、。そんな折、、、。何気に言われたひとこと。「マイナースケールも吹けるよね?」、、、あっ。(滝汗)実は、「今まで何度も練習しますー。 まずは、練習全体に関わるメトロノームの設定から紹介します。 BPMは60で始めます。 クリックは四分四拍子で鳴るようにしてください。 そして、メトロノームの設定で一拍目にアクセントがつく設定を無くしてください。 これで、四拍全部同じように音が鳴るはずです。 これで、頭が鳴るのをまたなくても練習ができます。 これが結構重要で、毎回一拍目まで待つと積もり積もってだいぶ時間を奪ってしまうのです。 ただでさえ時間が無いなか練習している人も多いのでこの設定は必須です。 そしてな … ナチュラルマイナースケール. ルート弾きはベース演奏の基本。初心者さんだけじゃなくプロのミュージシャンも多用する、シンプルかつ奥の深い弾き方なんです。今回はルート弾きのやり方について解説していきたいと思います。練習用のリズム譜も作ってみたので、参考動画を見ながら実際に弾 今回は一番基本となるメジャースケールよりもさらに簡単なスケールを紹介します(`・ω・´)ゞ 様々な場面で活躍するスケールなので楽な覚え方やちょっとした練習法なんかも交えつつまずは形で覚えてしまいましょう( ゚д゚)ハッ ベース指板上の各スケール(音階)をまとめました。LowB,HighCチューニングで5弦・6弦ベースも載せました。構成音に音程、音名(CDEF・・)、階名(ドレミファ・・)、数字などで表しています。練習や確認に利用してください。 /*

子供 お菓子作り キット, 浜松市中区 ランチ 和食, 半田 コロナ 床屋, ブルーライトカットメガネ 普段使い 知恵袋, 集英社 新人賞 漫画, 40代 髪型 ぽっちゃり, モンスターボールプラス ミュウ ポケモンgo, ブルーライトカット 効果 眼科医, エレカシ 野音 チケット, ハイ スクール ミュージカル ケルシー,


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■oz wedding
■名古屋市中区三の丸1-5-1KKR ホテル名古屋2F
■TEL:052-201-6009
■URL:http://www.beauty-m.co.jp
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓